マスクによる肌荒れでお悩みの方に。シルクマスクなら肌荒れを軽減。シルク専門店がおすすめするシルクマスクのご紹介

シルク専門店がおすすめするシルクマスクのご紹介

はじめに

長引くマスク生活で肌荒れがなかなか治らない。そんな方も多いのではないでしょうか。何かとストレスの多い環境下ではなかなか肌荒れが改善しないということも…。そんな時はマスクを選び直してみるのはいかがでしょうか。数多くあるシルクマスクの中でもあなたにピッタリのマスクが見つかるように、このページがお役に立てましたら幸いです。

目次

  1. マスクによる肌荒れを起こす主な原因
  2. マスクによる肌荒れを軽減するための方法
  3. マスクに使われている素材について
  4. なぜシルクがマスクに適しているのか
  5. シルクマスクに使用している種類について
  6. お悩み別おすすめシルクマス
  7. 最後に(まとめ)

1.マスクによる肌荒れを起こす主な原因

マスク肌荒れ肌への摩擦による起こる肌荒れ

まず、第一に考えられるのは摩擦によるお肌への負担が大きいということではないでしょうか。新型コロナの影響で、今までマスクをされていなかった方も長時間マスクをつけなければならなりません。マスクを装着していると、必ずお肌への摩擦は起こってしまいます。お肌とマスクの繊維がこすれ合うことでお肌のバリア機能が低下し、少しくらいの摩擦であれば気になることはなくても、長時間装着していると、“ちりも積もれば”で、お肌への負担が大きくなります。ひどい方は皮膚がめくれてしまい、とても辛い思いをされている方もいらっしゃいます。お肌への摩擦が少しでも軽減されるように、対策しなければなかなか改善は見込めないでしょう。また、お顔の肌荒れだけでなく、ゴムにより耳への負担も大きく、耳がただれてしまうという方もいらっしゃいます。こういった場合もやはり摩擦により引き起こされるお肌のトラブルです。

マスクが蒸れる②マスク装着によるムレが原因の肌荒れ

不織布マスクは、しっかりガードはしてくれるものの、その分呼吸がしづらかったり、ムレやすかったりします。ムレることにより細菌や雑菌にとっては、とても心地の良い環境で増殖しやすくなります。
また、①の摩擦によりお肌へのバリア機能が低下し、繁殖した雑菌をバリアできなくなってしまい、悪化しやすくなってしまいます。なるべく通気性がよく、ムレにくいマスクを選ぶことが肌荒れの悪化を食い止める方法のひとつです。

マスク乾燥肌③肌が乾燥してしまうために起こる肌荒れ

マスクをしていると“乾燥肌になりがち”ということをご存じでしょうか?
マスクをつけていると何となく乾燥からお肌を守ってくれているようにも思いますが、実は乾燥肌に陥りやすい原因がそろっています。②で述べたように、マスクをつけているとどうしてもムレやすくなってしまいます。ムレているということは、お肌は何となく潤っているように思うのですが、マスクを外した時にお肌の水分が蒸発してしまい、お肌が乾燥した状態になってしまいます。マスクを外した時にはこまめに保湿などを行えば良いかもしれませんが、②のムレが原因で雑菌が繁殖している状態で保湿を行っても、かえってお肌の状態をひどくしてしまうかもしれません。

マスクは手放せない環境下で、肌荒れを起こさないようにするためには、一体どうすればよいのでしょうか…。


2.マスクによる肌荒れを軽減するための方法

布マスク①摩擦が少なく、むれにくいマスクを選ぶ

感染防止のために、不織布マスクが良いと言われておりますが、やはり不織布マスクは布マスクに比べると伸縮性がなく固い素材なので、お肌への負担は大きくなります。布マスクは不織布よりもお肌への負担も少なくなりますし、また通気性も良いのでムレにくくなります。

②お肌への刺激が少ない素材を選ぶ

では、布マスクであれば何でも良いのでしょうか…。マスクで肌荒れを起こしてしまっている方は、すでにお肌のバリア機能が低下してしまっているで、少しの刺激でも肌荒れを引き起こしやすい状態になっています。何度も洗濯を繰り返していると、繊維が毛羽立ってしまい、その毛羽立ちがまた弱ったお肌を刺激してしまうということもあります。ですので、洗濯を繰り返しても、毛羽立ちにくい素材を選ぶというのは、実はとても肝心だったりします。

保湿する③保湿を行い、乾燥からお肌を守る

マスクをはずした後は、なるべく早く洗顔を行い、お肌をきれいな状態にしてあげることがとても大事です。洗顔の際も摩擦がなるべくないように、ゴシゴシ洗いはさけ、やさしく洗顔し、洗顔後はすぐに保湿し、バリア機能が弱ってしまった肌を保護してあげてください。


3.マスクに使われている素材について

マスクの素材


不織布マスク

通気性 ☆☆★
防御力 ★★★

ウレタンマスク

ウレタンマスク

通気性 ★★★
防御力 ★☆☆

ガーゼマスク

ガーゼマスク

通気性 ★★☆
防御力 ★★☆

シルクマスク

シルクマスク

通気性 ★★★
防御力 ★☆☆

マスクに使われている素材はいろいろありますが、だいたい上記の素材のものが多いと思います。それぞれにメリットデメリットとはあると思いますが、肌荒れを軽減させたいと思われているのであれば、やはりシルクマスクが一番ではないでしょうか。


4.なぜシルクがマスクに適しているのか

通気性抜群で涼しく快適

肌荒れ軽減の観点から考えた場合、なぜシルクが適しているか…。その理由は人のお肌と同じアミノ酸たんぱく質で生成されているため、お肌への親和性が高い素材だからです。
不織布マスク・ウレタンマスク・ガーゼマスクは、お肌からすると異質なものであるため、こすれると、摩擦によりお肌へ負担がかかります。

ところが、シルクマスクはお肌と同じアミノ酸たんぱく質ですので、こすれても摩擦の負担が少ないのです。シルクは蚕が自分の身を守るために作った繭から糸として取り出します。ですので、身を守るための繭から作られたシルクは、他の素材にはない防御力を持ってるのが大きな特徴です。ではどんな防御力があるのか…主な特徴をご紹介します。

通気性にすぐれている
放湿性・吸湿性にすぐれている(適度な湿度を保つ)
静菌性がある(菌が増殖しにくい)
紫外線を防ぐ

繭の中で蚕が快適に過ごせるように、シルクにはこんな特徴があるのです。とってもマスクに最適な素材だと思いませんか?マスクによる肌荒れの大きな原因である摩擦・蒸れる・乾燥肌の原因をシルクだと軽減してくれるのです。

  1. 摩擦→お肌と同じアミノ酸たんぱく質だから、摩擦による肌への負担が軽減
  2. 蒸れる→通気性、放湿性・吸湿性にすぐれているので、むれにくい。
  3. 乾燥肌の原因→むれにくく、適度な湿度を守るためお肌を潤わせてくれる。

肌荒れでお困りの方には、ぜひシルクマスクをおすすめしたいのです。


5.シルクマスクに使用している種類について

では、シルクであれば何でも良いのでしょうか…。シルクといっても使用している糸であったり、織り方、編み方によっていろいろな肌ざわりのシルクがあります。マスクにに適したシルクは一体どんなものがよいのでしょうか。

絹紡糸の写真
絹紡糸で編んだニットシルク
正絹の拡大写真
当店が使用している正絹で編んだニットシルク

お肌への負担を極力少なくするために、私たちが提案させていただいているのは、正絹(しょうけん)のニットシルクです。ニット状に織られたシルクなので、伸縮性があり、ふんわりと柔らかな肌ざわりのものです。ニットシルクのマスクも多く販売されていますが、多くのニットシルクは絹紡糸(けんぼうし)を使用したものです。絹紡糸(けんぼうし)とは、繭から糸を取り出した際に切れてしまった糸を短くし綿状にした繊維を紡いだものです。当店が使用している正絹(しょうけん)ニットは、繭から糸を取り出した1本1000m以上にもなるとても長い糸を何本か束ねた糸を利用し編まれたもの使用しています。肌ざわりは正絹ニットも絹紡糸ニットもさほど大きな違いがあるわけではありませんが、正絹は1本1本がとても長く丈夫な糸なので、洗濯を繰り返しても毛羽立ちにくいというのが大きな特徴です。絹紡糸は1本1本の繊維が短いため、洗濯を繰り返すうちに毛羽立ちが出てきます。この毛羽立ちが弱ったお肌には刺激になる場合がるので、そういったことを避けるためにも、正絹ニットにこだわっています。超敏感肌の方でも安心してお使いいただける素材です。


6.お悩み別おすすめシルクマスク

シルクマスクについて、いろいろな状況によってニーズにあったものをお選びいただけるように、数種類ご用意しておりますので、ご自身の環境にあったマスクをお選びいただけましたら嬉しく思います。

仕事で不織布マスクしかつけられない方向けのおすすめシルクマスク

シルクのインナーマスク

不織布マスクがシルクマスクに早変わり!ズレ落ちないシルクのインナーマスクシート

不織布マスクにシルクシートを挟み込むだけで、内側はシルクでお肌をカバー。不織布がお肌に直接当たらないように、大判タイプで仕上げました。マジックテープ部分がカバーのズレを防止。マスクのつけ外しの際もシートが落ちにくいので、つけ外しもラクラクです。

肌荒れを防ぎたい、耳が痛くてつらい方向けのおすすめシルクマスク

秋冬用シルクマスク1200

超敏感肌の方でも安心してお使いいただけるように、すべてシルク100%で仕上げました。耳ひもも調整可能なアジャスターがついており、ご自身に合った長さを調整できるので、長時間付けていてもストレスフリーです。不織布マスクの下にインナーマスクとしてお使いになるには、3層タイプがおススメです。
超敏感肌の方でも安心してお使いいただけるように、すべてシルク100%で仕上げました。耳ひもも調整可能なアジャスターがついており、ご自身に合った長さを調整できるので、長時間付けていてもストレスフリーです。不織布マスクの下にインナーマスクとしてお使いになるには、3層タイプがおススメです。

amazonでもご購入いただけます。→販売ページ


7.最後に

いかかだったでしょうか。マスクによる肌荒れでお悩みの方に、このページがお役に立てていましたら、とても嬉しく思います。

今までシルクマスクを使ってみたけど、肌荒れが軽減できなかった方も、いろいろな種類のシルクがございますので、ご自身に合ったマスクをお選びいただければと思います。

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。